HOME > 営農情報

第4次 中期営農振興計画(令和元年度~令和3年度)

持続可能な農業の実現に向けて

「農業者の所得増大」と「農業生産の拡大」

JA 広島北部は、再チャレンジ「GO55 作戦」の展開のもと"元気な農業 協に豊かに"を合言葉に農業者の所得増大と生産拡大に取り組みました。新規就農者の増加やハウス栽培の増反等一定の成果は見られましたが、十分な結果を得るまでには至りませんでした。
農業情勢が目まぐるしく変化するなか、平成 30 年度から国の関与による生産調整の配分と米の直接支払交付金が廃止され、米の需給動向と生産意欲の減退が気がかりとなっています。
また、TPP 協定や日米間での新たな貿易協定(TAG)等、外的要因も加わり、農業を取り巻く環境は、ますます厳しさを増すものと思われます。
このような情勢のなか、JA 広島北部は『収入確保策』『コスト削減策』『担い手確保策』『農業・地域振興策』の4つの柱を基本とし、第4次中期営農振興計画を作成し取り組んでまいります。
併せて、地域の組合員と管内で生産された農産物を食す消費者が一緒に食糧のあり方を考え協(とも)に豊かに発展する、環境にやさしい農業を目指します。

第4次 中期営農振興計画
[18.4MB]